ame

 

梅雨、「だるい」、「疲れる」、「憂鬱」の毎年恒例行事がやってきますね。

4月の花粉症、5月病、6月の梅雨とマイナスシーズンから抜け出せない人も多いのではないでしょうか?

福岡・博多の街中の店舗では雨が多くなると時期は様々な集客対策を行っているところも多く、

梅雨だからこそお得にサービスを受けられる場合もあるのです。

 

今回は梅雨にデリヘルでお得に遊ぶ方法をあげてみます。

①利用する男性が少ないから人気嬢が指名しやすい。

風俗に限らず気候・仕事・生活リズムなど、様々な原因で引き起こされる「梅雨だる」というものがあります。

普段予約しにくい人気嬢を狙っているライバルもこの時期は少なくなるでしょう。

梅雨時期は低気圧の日が続き、自律神経が乱れやすく、身体がだるくなりがちです。

自律神経が悪くなると血めぐりが悪くなり、疲労、肩こりなどの不調があらわれます。

ぬるめの炭酸入浴、就寝前に目もとを温めて快眠をとることで不調は改善できます。

人気嬢と遊ぶためには貴方の身体の健康も重要です。

時間がない方は、アロママッサージ、M性感、入浴などがあるサービスのデリヘルを利用するのも良いでしょう。

 

②雨の日限定の割引サービス

お店によっては雨の日限定で割引をする店舗もあります。

割引以外にも、オプションが無料になったり、会員ポイントが増加する場合も多いのです。

大手のデリヘルチェーン店では雨の日は雨の日限定アンケートを用意しているところが多くあります。

このようにさりげないやりとりで、店はお客様に「感動」してもらえる経営をとり、リピーター客を得るポイントを狙っています。

 

③サービスが良い女の子が出勤している

梅雨の時期は風俗で働く女の子にとって天敵。

湿度が上がっていつものメイクではすぐによれちゃうけど、日差しがきついしメイクはしなくちゃ!

せっかく髪をアップしたり巻いたのに湿気でぺったり!セットしなおさなくちゃ!

と女の子はちょっと不快感を感じてしまいやすいのです。

特に雨の日は、そんな憂鬱になるくらいだったら今日は休もうかしら、となるものです。

サービスが良く、人気の高い女の子はメンタル面も強く、風俗を接客のお仕事として認識しています。

容姿が乱れていればセットのやり直しをするのは当たり前で、

一期一会のお客様との出会いを大切にしてるものです。

若い子であれ、熟女であれ、人妻であれ関係ありません。

「だるい」、「疲れる」、「憂鬱」の梅雨に出勤してくる女の子は、接客のプロの可能性が高いでしょう。

 

雨の日はうっとうしいもの。

そのため外出は控えるのは当たり前、と考えるのは止めましょう。

デメリットをどうメリットに変換するのかが雨の日のデリヘル遊びのポイントとなります。

雨の日ならではのサービスや割引を駆使して博多の人気嬢をつかまえましょう。